歯と目の疾患

 これは西医学健康法創始者、西勝造先生が

昭和25年に発表された小冊子のタイトルです。

口から食道、胃、小腸、大腸、肛門とつながって

いて、宿便が溜まると身体全体が

病的状態となり、胃、歯、目を侵すという

ことです。

直腸で増えた細菌は2,3時間で

口腔へ運ばれ、歯齦に感染し、

場合によっては目の疾患を起こす。

カナダの女性が視力低下に

なった際、虫垂炎の手術の後、

正常視力になった話や、

大学試験委員の医師が

視力低下し、歯齦に膿瘍があり、

歯齦を摘除後は、正常視力に

回復した例などが紹介されています。

視力低下は目だけの問題では

ないということです。

だから良くなる可能性があります。

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事