宿便をとって、視力を上げる方法

今の医学、医療で手の施しようのない難病は
最後の手段、断食療法で治療する方法があります。
約35年前たまたま手に取った「断食体験者108人の報告」
には、脳卒中の患者さんが断食で劇的に完璧に
治った体験者の話が載っていました。
1日1杯の青汁で生活をするので有名な
森美智代さんは脊髄小脳変性症で
5年生存は困難との診断を受けました。
幸いそのあと甲田光雄先生の診察を受けることができ、
先生いわく原因は宿便であり、断食と生野菜食の指示。
何年もかけて宿便をとるため断食と生野菜食療法を繰り返しました。
その結果完全に治癒し、今では普通人の2,5倍の健康度とのこと。
宿便が体調を狂わせることは間違いがありません。、
特に弱視の患者さんの場合はおおいに宿便を疑う必要が
あります。
断食以外にも水酸化マグネシウムの下剤を使う方法もあります。
便という毒素を体外に出して、きれいな体にすることは
大事なことです。便秘していないか、チェックしましょう。

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事