R3,11,10最近の視力回復

R3,11,10最近の視力回復

 小学1年生の子が来ました。
今の視力を測ると左右それぞれ0,3でした。
1年前は1,2あったとのこと。
 全身状態をチェックすると右脚が左より長い。
左股関節外旋制限、左肩が右より浮いている。
首後方凸変形、筋肉の硬結触知。
 左右の脚長差があって体全体が右に
傾いている。それが上半身に影響し、
最終的に首に影響して、首を通る
眼の神経を圧迫して視力を下げたということです。
 首には鼻の神経も通っていますので、
やはり鼻炎がありました。
 初めてですので、以上の説明と
全身状態を良くする西健康医学の器械運動
目の状態を良くする視力回復専用機器
アイブレイン、超音波、アイトレーナーを実施。
最後に首をチェックするとまだ凸変形があるので、
ペインシフトで小指を押圧すると
凸変形が引っ込んだが、ものすごく痛がって
嫌がったので、次回からは2度とこれはしないことを
告げました。
 直接的には目の状態が悪いのですが、それは
全身状態が影響しているのです。
 両方、同時に良くしていくのが
山田式視力回復メソッドです。

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事