R4,4,18視力と顔面神経麻痺

R4,4,19視力と顔面神経麻痺
今回の顔面神経麻痺の原因は何?
 診断名は特発性末梢性顔面神経麻痺ですが、特発性とは今の
医学では原因が分からないということです。私が研修した
渡辺医院渡辺正先生によれば原因は宿便です。言われてみれば
思い当たることが多々あります。4,5年前から排便の調子が
良くなく、ひどい時は中央病院や水前寺胃腸科で診てもらって
いました。それもあって日赤病院で人間ドックを受けて大腸
ポリープをとったことも。宿便とは便秘の状態が永く続いて
たくさん溜まるということです。ひどくなると下から出ないので
上から出ようとして吐気が起ります。そういえば、この2,3年
食事の際喉に詰まる感覚に襲われ、何度か吐気でむせって
苦しんだことがありました。誤嚥性肺炎かと思ったほどです。
ではなぜ排便トラブルが生じたのか。渡辺先生の患者さんは
白砂糖の過剰摂取でしたが、私の場合はビールでした。甘い物や
アルコールは快感を与えて体感させます。その気持ちの良さを
繰り返すのですね。今日はよそうかと思っても今日までは
いいか、となって毎日の習慣になり、そして病気になる訳です。
アルコールの飲みすぎは肝臓を悪くします。今までも調子が悪く
なると禁酒を1週間ほどすれば快便となっていたのですが、今回
は週に一度の休肝日を2カ月ほどしていなく、たくさんは飲ま
なくても肝臓がくたびれていたのだと思います。年末は寒い日が
多く、寝不足の日もあって、それらが一緒になって発症したと
思われます。結論として休肝日が少なくて肝臓がくたびれて
便秘となり、それが顔面神経に作用して麻痺が起ったということ
です

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事