R4,4,22視力と顔面神経麻痺

R4,4,22視力と顔面神経麻痺(その原因の補足)

○今回の顔面神経麻痺の原因はアルコールによる肝臓、大腸への
 影響から生じた排便トラブルと判断しています。
○今度の顔面神経麻痺は末梢性でしたが、脳卒中による中枢性も
あります。脳卒中の場合は顔だけでなく、全身片麻痺になります。
○顔面マヒも脳卒中も西健康医学では原因は便秘、宿便です。
古くはウサギの腸を縛り、腸に便を溜めて血液を毒して人工的に
脳溢血を起こさせて、その血液を健康なウサギに輸血して
脳溢血を起こさせて、便の毒を立証した実験があります。
○そもそも私が医療の道に進んだのは、たまたま県立図書館で
「断食体験者108人の報告」という本を手にとり
目を通したところ、脳卒中の患者さんが断食で後遺症が完璧に
良くなったことが書いてあり、それにものすごい衝撃を
受けたからです。それから断食を自分で体験し、そしてそれが
西式断食療法と知り、それから西健康医学の研究、実践に
つながりました。
○そのようなことを知りながら、誘惑に負けてビールをやめられ
ず肝臓、腸を傷めて罰が当たったわけです。
◎外国の思い出のつづき
○大学時代第一外国語は英語、第二はドイツ語、そして中南米に
行こうと思っていたので、第三はスペイン語を取りました。スペ
イン語は動詞の語尾の変化が多くて、必修科目でなかったので、
現在形だけでやめました。ところが、スエーデンで働いて通勤電
車に乗っているとき向かいに座っていた青年が同郷の者と思って
スペイン語で話しかけてきました。それで私は日本から来たと返
事。彼はボリビア人で、従兄弟そっくりでした。

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事