視力回復に関係する山田式実践健康法

あなたと家族を護る山田式実践健康法

 1回目は喉のつまりを吐き出す方法
先日、錠剤をのんだ時に喉に詰まりました。
胸骨の下を左手で押さえ、前かがみで
首の後ろの一番出ている骨を
右手のこぶしで叩いて出しました。
なかなか出てこなくて少し焦りましたが、
必ず出ると信じ、気を静めて
出るまで、焦らずに続けました。
 先日幼児がブドウを喉に詰まらせて
かわいそうに亡くなりました。
 高齢化すると吐き出す力が弱り、
非常に危険です。近頃加山雄三さんが
誤嚥性肺炎になりました。
ぜひ、この方法を試してください。
 これは喘息を止める方法でもあります。
迷走神経の緊張によって起こる症状を
頸椎7番の叩打によって症状をゆるめます。

頸椎の状態は視力に大いに関係します。

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事