メガネの頃、整骨院研修終了後屋久島へ、42歳

1年3か月間の整骨院の研修が終わり、 開業までにしばらく時間ができましたので、 家族でゆっくりしようと、なかなか簡単には 行くことのできない屋久島に行くことにしました。 厳しい修業時代を過ごすために、 イチロウのように修行僧みたいな生活を しましたので、お坊さんと見間違いますね。 整骨院では骨折や脱臼の患者さんもかなり来ていましたので、 院長の整復手技を間近に見ることが出来、 大変勉強になりました。 ほねつぎの骨折の治療と整形外科の方法は 違いますので、人類の遺産として残さなければ ならないと思います。 特に開発途上国では設備が不要なので、 必要な技術だと思います。 今後YOUTUBEで英語を使って発信する所存です。

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事