メガネをかけると、2つの意味で顔が変わります

メガネをかけると、2つの意味で顔が変わります

 

本日はメガネをかけるデメリットのひとつをお知らせします。

メガネをかけること自体が顔を変えますが、自分でメガネをかけた経験から、

もう一つ顔が変わることを発見しました。それはメガネをかけることで、メガネのレンズに対応してピントを合わせるため毛様体筋などの顔の筋肉が緊張します。そのため顔の表情筋のバランスが崩れて、メガネを外すと何ンとなくアンバランスで、しっくりしない顔になっています。メガネの度数が強ければ強いほどそれがひどくなるようです。メガネを外すことができなくても、山田式視力回復法でなるべく視力を上げてメガネの度数を下げる方が良いと思います。視力回復法のひとつは、メガネをかけなくていいときは メガネを外して裸眼で見て 本来の見る能力を取り戻します。まずはこれを実践してみましょう。

 

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事