最近の視力回復の結果ー9

先日大学病院にいる方から電話がありました。
病院の眼科で診察を受けているが、左目で左の
上の方を見ると、焦点が合わず、よく見えない。
乱視がある、プリズムの入ったメガネで矯正
している。コンタクトは矯正力がない。
病院からは目を引っ張る筋力が弱いので、
鍛える必要がある。、
大学病院では他に方法がない。
以上のような内容の電話でした。
それでネットで山田式視力回復メソッドを
見たが、治す方法はありますかという
質問でした。
当方の答えは 目以外の原因、例えば
首の歪みなどからそのような状態に
なるので、身体全体を良くすれば
良くなる可能性は十分あります。
それでその足で早速来院されました。
身体をチェックすると、予想どおり
首の後方変形が著しく、股関節を
診ると左の外旋運動制限がありました。
すると1才の時先天性股関節脱臼のため
ギプス固定で矯正したとのことでした。
目専用機器2種を16分、
西式健康法の器械運動20分、
首、股関節に磁気療法、ペインシフトを施し、
目のマッサージと股関節矯正体操の
指導を行いました。
結果、見えやすくなり、姿勢もよくなりました。

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加