太平洋戦争(大東亜戦争)で撃墜王と呼ばれた坂井三郎氏の視力訓練は

これは坂井三郎さんの本を読んで、

なかに書いてあったことです。

 

 優秀な視力のために、私は日頃から眼を愛護して、

夜ふかしや深酒のような、目に悪い影響を

与えるようなことは一切避けるように

努めた。いやしくも自分の不注意不節制

によって視力を低下させるというような

ことは絶対ないよう心がけた。私は

毎朝起きるとすぐ、まず緑色のものを

数分間じっと見つめた。たとえば

窓の外の芝生とか、樹木とか、野菜畑とか、

麦畑とか、何でも緑色のものをじっと見つめた。

 略

 そのうえ特に遠目を利かす訓練としては、

山の境界線にある松の木の恰好を細かい

枝ぶりに至るまで見てとろうとしたり、

また、街を歩いていても、遠くに見える

看板の字を読み取ることを練習した。

 本を読む場合でも、絶対に悪い姿勢に

ならないように気を付けた。それは

近眼になることを恐れたからである。

また毎日の昼休みには、青空を仰いで、

昼間の星を探した。初めのうちは、なかなか

見つからなかったけれども、練習を積むに

従って次第に楽に見えるようになった。

昼間、やっと見える星を一つ見つけて、

すぐその星から眼を放して、再びその星を

パッとつかまえる訓練を一生懸命やった。

 

空中戦ではどちらが先に相手の

飛行機を見つけるかで、

有利な立場、場合によっては

即、生死に係るということ

だったようです。

生死をかければ、

みんな視力はよくなりますね。

 

 

 

 

山田式視力回復法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事